FXのレバレッジについて

FXはレバレッジをかけて大量の資金を動かせる刺激的な取引です。
例えば米ドル円を買うとして10万円入金すれば、最大レバレッジは25倍ですので250万円ものお金を自由に動かせます。
10万円しか動かせない事を思えば、自由度が高すぎます。
私は何年もFXをやっていますが、始める前は、レバレッジというものを前向きに受け止めすぎて、一切マイナスな感情を抱いていませんでした。
あまりに素直に受け止めすぎて、レバレッジ25倍はすごい、神様だと思っていました。

しかし調べてみると、25倍を超えてもっと大きなレバレッジを掛けられるやり方があることを知りました。それがFXの法人口座を利用する、というものです。

法人口座は個人の口座とは異なり、「最大レバレッジは25倍」という規制の対象外となり、100倍や200倍等といった、より高いレバレッジを掛けられるのです。加えて税制上の優遇もあるそうで、FXでさらに稼ぎたい人にはとても魅力の強い手法と言えそうです。
(参考:FX法人口座ナビ

ただ、言うまでもないことですが、その分リスクも跳ね上がります。
そのことをしっかり踏まえた上で利用を検討することが必須でしょう。

FXに必要なメンタルについて

人はFXの取引をするにおいてどのようなことが大事になってくるのかというと取引をするための知識の量と取引技術と考える人が多いです。
確かに取引をするための知識の量が多ければそれだけ精度の高い分析が可能となり、また取引技術が優れていれば勝率もあがってくるので利益を出せる可能性が高くなります。

しかしFXの取引をするにおいて取引をするための知識の量や取引技術と同等かそれ以上に大切になってくるのがメンタルです。

なぜならいくら取引をするための知識の量が豊富で高い取引技術を持っていたとしてもメンタルが弱ければそれをうまく使いこなせなくなってしまうからです。

そのためFXの取引をして利益を上げたいのであればメンタルの強化をすることが大事であると言えます。

そこでFXに必要なメンタルとはどのようなことなのかというと、
取引をして損失を出してしまっているときでも平常心を保つことができる気持ちの強さです。
これによって自分の思い描いた取引を実現できる可能性が高くなり、利益を出しやすくなります。